楽天pay amazonpay GMO後払い

レイヤリングで冬をアクティブに楽しもう!

レイヤリング

「レイヤリング」とは、「アウターレイヤー」「ミドルレイヤー」「ベースレイヤー」といった、役割の異なるウェアを状況に応じて組み合わせ、さまざまな環境に適応するテクニック。今回は、登山やランニングなど冬のアクティブなシーンを快適にサポートする各レイヤーの役割と、レイヤリングにおすすめな[sn]のウェアをご紹介いたします。


肌に一番近いベースレイヤーは
吸水速乾性が大切

肌に一番近いベースレイヤーは汗を素早く吸収しながらも、汗冷えを防ぐためにすぐ乾く素材がおすすめです。
[sn]のベースレイヤーに仕様している素材はメリノウール50%とポリエステル50%のハイブリット素材。吸水速乾に優れており、ベースレイヤーに最適です。[sn]のベースレイヤーの種類はこちらから

  • ベースレイヤー
    W BASE LS 175
    少し厚手のADVANCED JERSEY 175は冬のレイヤリングに最適で、寒い日やアウトドアでも快適に過ごせます。
  • ベースレイヤー
    M BASE 1/4 ZIP 230
    [sn]のベースレイヤーで一番厚手のADVANCED JERSEY 230。1/4ZIPのハイネックは、山ウエアの定番で、暖かく、脱ぎ着や体温調整もしやすい、愛用者も多い形です。

保温性と透湿性、動きやすさが
大切なミドルレイヤー

ベースレイヤーとアウターレイヤーの中間のミドルレイヤーは、一定に体温を保持する役割があります。また、かいた汗を逃すため適度な透湿性があるアイテムを選ぶと、登山やランニングなどアクティブなシーンをさらに快適に過ごせます。


一番外側のアウターレイヤーは、防風・防寒着として。

雨や雪、風から体を守る目的があるアウターレイヤー。[sn]では、登山やランニングなどアクティブなシーンにシーズンレスで着用できるコンパクトなモデルをご用意。

  • アウターレイヤー
    W Wind SHELL JACKET
    柔らかく軽いシェル素材を使ったマウンテンパーカ。アウトドアのハイブランドでも使う高密度のナイロンは強撥水でストレッチ性もある高スペックな素材です。
  • アウターレイヤー
    M ALPINE ACTIVE JACKET
    表の素材、LIGHT NYLON TWO WAY STRETCHは、超ストレッチの効いた一枚。伸縮性が高く、立体的なカッティングなので動きやすいうえに、しっかりと風をガードします。

新着順  |  おすすめ順  |  価格順

  • « Prev
  • Next »

6商品中 1-6商品



カートを見る

Category

コンテンツ

楽天ペイ
AmazonPay
GMO後払い